おすすめホラーゲーム(Wii)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

おすすめホラーゲーム(Wii)

元々のターゲット層が低めのため、あまりヘビーなホラーは出そうにありません。

これはニンテンドーのハード全般に言えることで、ニンテンドー64やゲームボーイ等もほとんどホラーゲームは発売されていません。

Wii独特のコントローラーであるヌンチャクや、コントローラーを懐中電灯に見立てた探索型アドベンチャーは意外と操作性がいいようです。

イケニエノヨル

神に生け贄を捧げていたという伝承が残る憑夜見(ツクヨミ)渓谷に建った館に集まった5人の大学生。

思い出作りのために訪れた地で襲われ、徐々に精神が侵されていきます。

プレイヤーは5人が襲われた惨劇の24時間後、道に迷って館を訪れたという設定。

ストーリーをクリアしていくと、新たなストーリーが解放されていき、5人に何が起こったのか明かされていきます。

イケニエノヨル
イケニエノヨル
アクションアドベンチャー
公式サイト
イケニエノヨル

忌火起草 解明編

【弟切草】や【かまいたちの夜】、【428 ~封鎖された渋谷で~】等のサウンドノベルアドベンチャーで知られるチュンソフトが開発。

メインキャラは音声でしゃべる上、プレイ環境にもよりますが、擬似5.1chに対応しているので、背後から声が聞こえたりして臨場感タップリです。

定番となっている『金のしおり』や、『ピンクのしおり』(要パスワード)の他、百八怪談集の収集といったやりこみ要素もあるので、やりこみ大好きな人には長期間楽しめます。

忌火起草 解明編
イマビキソウカイメイヘン
サウンドノベル
忌火起草 解明編 – Wii
忌火起草 解明編

恐怖体感 呪怨

呪われた家に引っ越してきた家族を襲う呪い。

それなりに恐怖演出をがんばっているんですが、電池を探し回る電池ゲーとなっているので評価はかなり低い。

恐怖体感 呪怨
キョウフタイカンジュオン
アドベンチャー
恐怖体感 呪怨 – Wii
呪怨/The Grudge】シリーズ

CALLING ~黒き着信~

数少ないWiiのホラーゲームの中でも有名な探索型アドベンチャー。

あるサイトにアクセスしたことで境界と呼ばれる空間に閉じ込められた主人公たちが脱出をめざすストーリー。

一時はプレミアがつくほど人気でしたが、ハドソンがコナミの子会社となり、再販されたためか、比較的買いやすい値段まで落ちています。

プレイ動画にも使われることが多く、YouTubeでも見かける機会が増えていますが、コナミは自社のゲームをシェア機能以外での配信を禁止したため、削除されていくかもしれません。

CALLING ~黒き着信~
コーリング クロキチャクシン
アドベンチャー
CALLING ~黒き着信~ – Wii
CALLING ~黒き着信~

THE HOUSE OF THE DEAD2&3 リターン

THE HOUSE OF THE DEAD2&3 リターン
ザハウスオブザデッド2アンド3リターン
シューティング
ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド 2&3 リターン – Wii

ザ ハウス オブ ザ デッド:オーバーキル

ザ ハウス オブ ザ デッド:オーバーキル
ザハウスオブザデッドオーバーキル
シューティング
ザ ハウス オブ ザ デッド: オーバーキル (Wiiザッパー同梱版)

サイレントヒル シャッタードメモリーズ

サイレントヒル シャッタードメモリーズ
サイレントヒルシャッタードメモリーズ
アクションアドベンチャー
公式サイト
SILENT HILL SHATTERED MEMORIES(サイレントヒル シャッタードメモリーズ) – Wii
サイレントヒル シャッタードメモリーズ

零 ~眞紅の蝶~

零 ~紅い蝶蝶~】のリメイク作品。

天倉澪と天倉繭という双子の姉妹が主人公で、皆神村というまるごと廃村という集落が舞台。

零 ~紅い蝶蝶~】は俯瞰視点でしたが、【零~月蝕の仮面~】同様のフロントビューと呼ばれる後方視点に変わっています。

また、【零~月蝕の仮面~】で導入されたさわるシステムが、もっとさわるシステムとなって導入されていて、【零 ~紅い蝶蝶~】をWii用にカスタマイズしたという方が近いかも。

新たなマルチエンディングも追加され、シリーズ初のミニゲームお化け屋敷も収録されているので、Wii独特のコントローラーが苦手でなければ、【零 ~紅い蝶蝶~】よりこちらを買った方がお得ですね。

零 ~眞紅の蝶~
ゼロ シンクノチョウ
アクションアドベンチャー
公式サイト
零 ~眞紅の蝶~ – Wii
零 ~眞紅の蝶~
】シリーズ

零~月蝕の仮面~

朧月島という離島で行われた朧月神楽。

その最中に5人の少女たちが姿を消し、ひとりの刑事によって救出されたものの、流歌という少女を除いて記憶を失っていた。

時が経ち、姿を消した5人のうち、ふたりが相次いで怪死を遂げる。

自らも姿を消した海咲と円香は、ふたりの死の真相を調べるべく、故郷の朧月島に向かい、流歌も海咲と円香を追い、島へと向かうことに。

そして、島にある廃墟となった西洋館建築のサナトリウム、病院、和風建築の住宅を探索するというストーリー。

『射影機』で除霊や封印を行うシステムは変わらず、後方視点に変わり、さわるシステムという独特なシステムが加わったことでやや異なる印象に変わっています。

零~月蝕の仮面~
ゼロ ツキバミノカメン
アクションアドベンチャー
零 ~月蝕の仮面~ – Wii
零~月蝕の仮面~
】シリーズ

デッドスペース エクストラクション

アメリカでPS3、X-BOX360、PC用に発売された【デッドスペース】の続編で、前日譚を描いたゲーム。

前作はTPSでしたが、本作はガンシューティングになっています。

ストーリーは宇宙開拓が進んでいる世界で、謎の鉱石から発せられた衝撃波によって異形の生物と変貌した人々と戦いながら生き残るサバイバルシューティング。

ただ、このゲームの最大の特徴は部位欠損によるダメージなんですが、日本の場合は人間の部位欠損表現に制限があるため、欠損描写はされません。

ネクロモーフに関しては、欠損描写されます。

また、倒した敵がすぐに消えてしまって追い打ちできないのは規制ではなく、単純にWiiのメモリが少ないためとのこと。

デッドスペース エクストラクション
デッドスペースエクストラクション
シューティング
デッドスペース エクストラクション – Wii

DEADRISING -ゾンビのいけにえ-

DEADRISING -ゾンビのいけにえ-
デッドライジング ゾンビノイケニエ
アクション
デッドライジング ゾンビのいけにえ – Wii

バイオハザード】シリーズ

バイオハザード】シリーズ
バイオハザード
バイオハザード
バイオハザード0
バイオハザード4
バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ
バイオハザード/ダークサイド・クロニクルズ
バイオハザード】シリーズ
タイトルとURLをコピーしました